読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新Subersionとeasy_installの罠

Pythonの標準モジュール管理ツールsetuptools(easy_installコマンド)は、Subversionリポジトリからモジュールをインストールする機能を持っていて、svnコマンドを要求します。ところがこの機能、setuptools-0.6c8の時点では、svnコマンドのバージョンが1.5だと途中でエラーを吐いて落ちます。(すくなくともWindowsで現象確認)

Running setup.py -q bdist_egg --dist-dir c:\windows\temp\easy_install-fztwcq\setuptools\egg-dist-tmp
-rx5kj3
unrecognized .svn/entries format; skipping .
Traceback (most recent call last):
  File "C:\devsys\python25\Scripts\easy_install-script.py", line 8, in <module>
    load_entry_point('setuptools==0.6c7', 'console_scripts', 'easy_install')()
....(ry
NameError: global name 'log' is not defined

まだまだしばらく、Subversion1.4と1.5の併用を避けることはできない模様。TortoiseSVN1.5とSubversion1.5を入れてしまったWindowsユーザは、

SVNVER=1.5.0
PATH=%PATH%;C:\svn-win32-%SVNVER%\bin

みたいな環境変数にしておいて、つどつどでSVNVERの値を1.4.6に変えてから、easy_install実行するといいです。

> SVNVER=1.4.6
> easy_install hogehoge==dev
....(ry
Doing subversion checkout from

そりゃ、Linux勢はこれが解決されるまでSubversionを1.5にできないわな。