読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP」書評

PHP

ご無沙汰しております。ものっそ久しぶりに書きます。

著者様から献本頂いて、達人出版会発行の「はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP」読みました。EPUBをダウンロードするやつです。

http://tatsu-zine.com/images/books/37/cover_s.jpg

http://tatsu-zine.com/books/fuelphp1st

ただのFuelPHPのテクニック本だと思ったら大間違い、FuelPHPはむしろPHPフレームワークのわかりやすい一例として取り上げましたという印象で、この本の本質は、今どきPHPで開発するってのは、これぐらいの基準ラインに乗ってるよ、というのが一気にわかる本でした。

  • 自分のローカルホストにきっちり開発環境作る
  • OSSコミュニティへのURLリンクをしっかり持つ
  • 自分が使っているOSのコマンドラインを押さえよう
  • どれぐらいWeb開発用語の知識を持つべきか体で知ろう
  • フレームワークと呼ばれるものがおよそどんな機能を持つのか
  • Webアプリケーションのセキュリティは初心者向けでも案外レベル高いぞ
  • 自動テスト自動テスト自動テスト、ロジックは徹底して自動テスト
  • そしてフレームワークを盲信しないこと(^^;

ざっくりこんな内容です。えと、FuelPHPはどこに? いや大丈夫、表向きはFuelPHPとEclipseのチュートリアル形式で学びながらなので、つかみはOK、あとは日本語ドキュメントがあるからもう大丈夫でしょって感じにはなりますよ。

不必要に長い説明はなく、これやる、これやる、これやる、と、淡々と進みます。長ったらしい説明を読んでいちいち良し悪しを考えたりしないで、まず言われたとおりに受け取る、というふうに読めるので、用語ですごく詰まる人でないかぎり、サクサクいけます。本だけでは説明不足に感じるところがあっても、実はキーワードだけはしっかり登場してるので、それマークしておいて、あとで検索する学び方もいいですね。Web時代ですね。電子書籍っぽいですね。

本書の流れの中でとくに好感を持てたのが「モデル」の扱いです。機能を試している間はアプリケーションのモデルが存在しないので、びっくりするぐらいコントローラに実装が書かれます。うーん、MVCって最初に言ってたのに大丈夫かなと思っていると、後半、アプリケーションに目的ができてきた瞬間から、機能的なサービスをモデル層に移して単体テスト、という怒涛の流れに入っていき、データベースの便利CRUDもORマッピング(というかかなりActiveRecordっぽいけど)の使い方も、最後の章でようやく登場します。

はいこれ、なんてすばらしいんでしょう。

WebアプリケーションフレームワークRails以降、ActiveRecordCRUDが目立ちすぎました。それで何が起こったかというと、データベースに保存できるActiveRecordを最初に「モデル」と呼び、まずその操作をマスターするような学習フローが流行ったんですよね。最初にそこ叩き込まれるから、初学者が「モデル」=「DBの行」って思っちゃう。それで、「いろんな処理」=「ロジック」=「コントローラ」って印象になってしまう。モデルがひとつの行を表さないといけないから、複数のオブジェクトが対等に処理されるべきロジックを特定のモデルクラスに所属させたくない→コントローラ? 違いますよね。

モデルはアプリケーションの目的を実装した本質です。コントローラは本質とそれ以外の関連付けです。この「はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP」では、最初、無目的に機能を遊んでいるうちはずっと、コントローラの中でやります。で、だいたいこのフレームワークがどういうものかわかったら、実用を意識した実験をして、その次にようやく「ではこういうアプリケーションを作りましょう」と決めて、やっとモデルになるクラスを作り始める。しかもそれは、最初はメールを送るという、ストレージを持たないサービスときたもんだ。そう、モデルはDBの行じゃなくて、アプリケーションの機能の親玉。まずそういうMVCの意味を理解するのが最初にあって、ORMなんかはもっと後にこういうのもあるよって話になる。

うん、正しいですね。とにかく最初にDBのCRUDから入るタイプのフレームワークを題材にしちゃうと、なかなかこういう学習プロセスは提供しにくいでしょう。プレーンPHPCMSのカスタマイズよりは技術的に高度で、かといって、いきなり一発楽ちんが出来上がっちゃってるフレームワークじゃないもの、という意味で、このFuelPHPはいい題材だと思いました。題材がこうだから本の展開がこうなったのか、本の展開が先にあったところに題材がハマったのか...は、わかりませんが、まあたぶん両方なんだろうなと思います。

それと、いちいち単体テストが徹底しているのもいいですね。もしかして、MakeGoodをこんなに詳しく紹介した出版物って、初ではないでしょうか。Eclipse+PDTの人はぜひMakeGoodを。MakeGoodに清き一票を。

そうそう、あと、前述してますが、この本ところどころに、「FuelPHPはこういうのがまだ不十分」という説明が入ってきます。これ実はいい感じです。フレームワークは完璧なブラックボックスだと思って信じてると、裏切られることもあるんですよね。中を見れば、たまに自分の期待とは違う意図で書かれたコードもあるし、TODOしか書かれてないことだってあるし、もう未完成な設計や見落としケースはしょっちゅう修正されてて、だからこそ、進化するために何度もリリースするんですよね。そのへん包み隠さないことで、フレームワークのバージョンとの付き合い方を意識するメッセージにもなってる気がします。魔改造で置き換えるより本家の修正リリースのほうが有利だとかそのへん。

まあ、FuelPHP 1.2代は、機能はいろいろあるけどOOP的に微妙な設計に感じるところもあるし、いろいろ名前が短いのはいいけどPSR-0準拠じゃなくて一貫性がなかったり、PHPUnitはいいけどコアのテストが一部メソッド空っぽ(!?)だったり ...と、人によってはまだ満足できるものじゃないと言われるかもしれません。が、より正しい道順を追って学ぶための足場として、プレーンPHPでもなく、いきなり高度なところから始まるフレームワークでもなく、ちょうどいいところにあるものなんだなと、改めてCodeIgniter系の作りの価値を再認識しました。

繰り返しますよ。この本は「フレームワークを使った今どきのWebアプリ開発のスキル標準」を「たとえばFuelPHPを使ったら」で教えてくれるものですよ。なのでこの本の思想は、他のフレームワークでもきっと役に立ちますよ。Fuelであるということに気を取られすぎなければ、これからWebアプリ開発本気出すと思ってる人なら、誰が読んでも楽しめます。もしまだ自分のホームになるフレームワークがない人がいたら、この本読んだんなら、そこを足がかりにまずはFuelPHPをゴリゴリに学んでから視野を広げていくのが、スキルアップの最短コースじゃないかなと思います。

とりあえず、本で学べる機能は吸収してと...さて僕は2.0から本気出すか(違!?

ところで二番目のフレームワークとしてのYii... だれか

P.S.
僕が最初にFuelPHPで作ったプログラムです:

https://p.twimg.com/AxDJTaHCMAICDYJ.png
https://twitter.com/tanakahisateru/status/220897717000482816

※注: アニメーションはありません。