読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽いトップページならGoogleの広告費が安くなる、って言えばいいのか

古いブックマークを掘り返してて、サイトのトップページをゴージャスにしないほうがいいと説得するときのヒントを見つけたのでメモ。

グーグル、テキスト広告の評価基準にロード時間を追加 - CNET Japan

軽いトップページならGoogleの広告費が安くなる。

これだ。

ページランクも上がるかもよ。豪華にするのは、まず来てもらうことができてから。ってのにつなげられる。

十分速いサーバ(性能、回線速度とも)を使い、本文のHTMLテキストを可能なかぎり速く送出する。ブラウザに負荷がかかる初期レイアウトは避ける。どうでもいいもの(バナー領域とか)は、あとでゆっくりJavaScriptでDOM操作。

スプラッシュ画面をはさんでENTERをクリックさせる?いやいや、それ以前に、GoogleはそのURLの本文テキストを評価するんだってことを忘れちゃだめだ。

Google計測主義を考慮して、体感速度で十分速いかどうかではなく、ミリ秒単位で勝負しよう。更新ボタンを押したあと、何ミリ秒でページ表示可能になるか、Firebugとかで計測だ。

ところでこの評価指針、JavaScriptの性能はどのブラウザを基準にしてるのかな?ChromeなのかIE6か…。