読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八百屋にリンゴを買いに行きました

最近、不景気でSIerとユーザ企業がどう変わりそうか、考えるのが流行ってるみたいです。

最近SIerがだいぶヤバくなっている件 - GoTheDistance

で、中略。気になる方は↑からトラバをたどりましょう。

んで、だいぶして、やっと基本に立ち返る。

はてなダイアリー

だからオーダーメイドのシステム開発を八百屋で売ってる林檎に置き換えることや、業態として似ているものの注文住宅のようなオーダーメイド製品に置き換えることは、どちらもシステム開発の現実を知らない比喩です。

ありゃ、わざわざ言わなきゃわからない人が、これ読むんだ…
え?言っても解らない人がまだ発言してる?そりゃスゲエ。

ということで、あえてリンゴでたとえてみました。

客が自分で作るということ

私は、紅茶には出来合いのではなく、やっぱり手作りのアップルパイが合うと思ったので、自分で作るためにリンゴを買いに行きました。大きなスーパーで買うと農協のものになってしまうのが少し嫌で、産地直送でスーパー以下の価格の八百屋があると聞き、行ってみました。

とはいえ、産地そのものに興味があったわけではなく、個性が強くて安いもののが、きっと自分のアップルパイを引き立たせられると、そう思ったからにすぎません。八百屋さんには、「砂糖で味付けするんだから、安くて果汁が出やすければ十分だけど」と言いました。

おっと、家でレシピを書いてきたのを忘れないようにしなきゃ。レシピを何も考えずに八百屋に行って、乗せられて意味なくメロンを買ってしまい、リンゴを買える数が減って、結局アップルパイができなかった、なんてのはバカバカしいので。このレシピには、私のオーブンにちょうど収まる直径のパイにどのぐらいの材料が要るか、きちんと計算してあります。でも、もしかして足りなかったいけないので、予備で1個余分に買うつもりでお金を持ってきました。

「今朝はメロンが入ったよ、オススメだよ」八百屋は言いましたが、「私はパイを焼きたいので、リンゴをxx個ください」と言いました。いい八百屋だったので、私の手に取っていたリンゴを見て「こっちのほうが焼きリンゴにすると美味しいよ」と評判のリンゴを教えてくれました。

帰りに、「生地を買うならオススメのパン屋があるから行ってみたら?」とも教えてくれ、私は八百屋の案内にしたがって、また良いパン生地を買うことができました。その日はなんと、スーパーマーケットに寄らずに、食材を集めることが出来ました。

私はそれから、ぜんぶ、自分で選び、買い、作り、多くの知人にご馳走します。私は農家でもなければ食品流通関係の知り合いもいないので、食材そのもをゼロから作る人にはなれないけど、作りたいものを作るのに、この町は何の不便もないと知りました。改めて、リンゴ農家もいい仕事してるんだと思いました。

お金持ちの知人は、「パティシェを呼びつけて作らせればいいのに」と言いましたが、私の味は私にしかわからないと思っているし、なにより、私にはそんなお金はありません。それに、この町の親切な八百屋とパン屋がいれば、できるんだもの、わざわざお金をかけて私のパイじゃないパイを、どうして欲しいというのでしょう?

補記:ここで、調理の工程は、食材のすべてをゼロから作る工程や、調理器具の製造工程に比べたらごく小さなもので、SIでいうとたぶん、要求仕様を伝えたり(調味)、相互運用性を検証したり(味見)、日々の運用をしたり(配膳)する、極端な専門性を必要としない部分にあたるのかな。

客の実態

わたくし、大金持ち。いえ、ちょっとバブルははじけたけど、そんなの大したことございませんわ。お菓子は最高級(自称)のパティシェを呼びつけて作りますの、オホホ。

焼きリンゴ(パイほど上等なもんじゃない)をオーブンから取り出すところぐらい、自分でやってみたら?ですって?ちょ、そんなことして私がもし焦がしでもしたら、大恥かくじゃありませんの。それにそんな下働きの仕事、私の性に合いません。お金を払っているんだから、全部私の思うようにしなさい。食材もぜんぶ買ってきなさい。そして、私好みのメニューを毎日書いてきなさい。

ああこれも違う、この味も違うわ、早く私の思い通りにリンゴを焼きなさいっ。あ、あとついでに生のココナッツミルクも飲みたいわ。え?今日中に準備できないですって?何とかしなきゃあなたクビよ。

---- かくして、自走式お菓子工場が配備されることになりました。総工期は5年から10年、ムーアの法則も何のそのです。あれ?100年に一度の世界的不景気?え、ちょ、おま…

補記:ほんとは、出前や外食(既存パッケージとか定価決まってるサービスをノンカスで使う)で済ませられれば一番いいのかも。最悪、パイなんて焼かずに、ウサギリンゴにして食べてもいい(我慢してあるもので工夫する)。て、そもそも話の発端が自家製パイで始まってるから、そのへんは無視してるんだけどね。


すまん、たぶんこれ意味なしエントリだわ。